1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>詰め物・被せ物 > 
  4. 奥歯の被せ物、セラミックと金属どちらを選ぶ?メリット・デメリット徹底比較!

奥歯の被せ物、セラミックと金属どちらを選ぶ?メリット・デメリット徹底比較!

コラム>詰め物・被せ物

2022/06/17

奥歯がむし歯になってしまうと、被せ物をして治療を行うことがあります。その際、私たちが選択せねばならないのが、被せ物の素材です。今回のコラムでは、奥歯の被せ物を選ぶ際に比較される金属とセラミックについて、メリットやデメリットを比較し、選び方のポイントをまとめました。



奥歯の役割

奥歯の被せ物を選ぶにあたり、まずは奥歯がお口の中でどのような役割を担っているのか、知る必要があります。奥歯は歯科では「臼歯」と呼ばれ、合わせて合計16本の小臼歯と大臼歯からなります(親知らずを除く)。奥歯の役割で一番最初に思い浮かぶのが、食事をする時に食べ物を噛み砕いたりすり潰したりすることです。ものを噛む時、私たちの奥歯には体重とほぼ同等の力がかかるといわれています。奥歯に噛み合う力が加わり、体内での消化や吸収をスムーズにするのです。



また、奥歯は上下の歯を噛み合わせた時、下アゴが必要以上に奥に入らないためのストッパーのようなもので、アゴの位置を決めるのは小臼歯の役割です。また、第一大臼歯には、奥歯をしっかりと噛みしめた時に噛み合う高さを決める役割があります。そのほか、奥歯でしっかり噛みしめることで体幹を固定し、身体に力を入れたり瞬時に身体を動かしたりしています。奥歯を噛み締めることで、スポーツをする時や高齢者の転倒防止にも一役買っているのです。



奥歯の被せ物の種類は?

歯ブラシが届きにくく、みがき残しがちな奥歯は、むし歯になりやすい歯です。そのため、治療の際に被せ物が必要になるケースが少なくありません。奥歯の被せ物は、大きく分けて金属の被せ物と白い被せ物に分けることができます。金属の被せ物は、金合金や金銀パラジウム合金で作られます。白い被せ物は、セラミックや硬質レジン、ジルコニアを素材として作られています。



前述したように、奥歯は非常に重要な歯です。保険適用有無や機能性など、さまざまな被せ物から、予算やライフスタイルに合わせて適切な素材を選ぶ必要があります。次章から、被せ物でよく比較される金属とセラミックのメリットやデメリットを解説しましょう。



金属の被せ物で治療する

保険が適用される素材で奥歯の治療をする場合、銀歯かレジンから選択することになりますが、レジンは強度が弱いため、強い力のかかる奥歯には適さないことが多く、治療の大きさが一定のサイズを超えると、銀歯を選択することになります。まずは銀歯を含めた、金属での治療について考えてみましょう。



*メリット*
金属の被せ物は、金合金でできた金歯と金銀パラジウム合金でできた銀歯に分けられます。銀歯は古くから奥歯の治療で使われていた素材で、保険が適用されるため数千円での治療が可能です。金歯は非常に丈夫な素材です。腐食に強く柔軟性があるため歯としっかり密着するように治療ができます。硬さが自然の歯に近く、噛み合わせがよいこともメリットです。



*デメリット*
金属の被せ物のデメリットは、治療跡が一目で分かってしまうことです。奥歯といえど、口を開けて笑ったり喋ったりすると、金歯や銀歯が見えてしまうのです。また、金属の被せ物は時間の経過とともに少しずつお口の中に溶け出し、やがて金属アレルギーを発症したり、歯茎が黒く変色したりするケースもあります。そのほか、温度を伝えやすいという金属の性質ゆえ、神経の残った歯への被せ物はしみて痛みが出やすいこともデメリットです。銀歯においては他の素材と比較すると、装着した際に隙間ができやすいため、二次むし歯のリスクが高くなります。



セラミックで治療する

セラミックには、ハイブリッドセラミッククラウン、メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウンなど、さまざまな種類があります。細かく見るとそれぞれにメリット・デメリットがありますが、ここでは広くセラミックの被せ物のメリットとデメリットを挙げ、金属と比較してみましょう。



*メリット*
セラミックのメリットは、治療跡が分からない白さです。白くて美しく、種類によっては限りなく自然な歯の色に近づけられるセラミックは、変色することもなく、治療をしたことを他人に気づかれることがありません。特殊な接着剤を用いて装着するので、削った歯としっかり一体化します。劣化しにくい素材なので、表面に傷がつくこともほとんどありません。被せ物の劣化した箇所にプラークが蓄積し、お口の中が清潔に保てないケースがしばしばありますが、セラミックの場合その心配がないのです。また、金属アレルギーの心配がある時には、金属を使用しないオールセラミックの被せ物を選ぶことができます。



*デメリット*
セラミックの被せ物は保険が適用されないため、全額自己負担で治療を行います。歯科医院によって異なりますが、数千円で治療ができる銀歯に比べ、数万円から高いもので10万円を超えることもあります。また、再診料や検査費用なども自費診療になるので、治療にかかる総額を事前に把握することが大切です。



また、金属に比べてやや脆いため、噛み合わせが強い人や歯ぎしりや食いしばりの癖がある人には、割れてしまうリスクが伴います。割れない被せ物にするためには、厚みを持たせる必要があります。被せ物に厚みがあるということは、歯を削る量が多くなることを意味します。治療に必要な料金や金属の使用有無、硬さ、変色しやすさ、耐久性などは、セラミックの種類によって異なるので、セラミックを使用する際は歯科医院に相談しましょう。



以上のことから、金属の被せ物はセラミックに比べ、審美的な面でのデメリットがあります。またメインテナンスの費用や時間、銀歯が被せられた歯が再びむし歯になるリスクを踏まえて選択する必要があります。一方、セラミックの被せ物は、費用面や強度を考慮して選択する必要があります。​奥歯の被せ物を選ぶ時には、審美性はもちろん、金属アレルギーの有無、治療費の予算、奥歯の噛み合わせに影響を及ぼす癖など、さまざまな面から検討を行いましょう。




→虫歯の治療が得意な歯科医院選びはこちらから



(seeker編集部)

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

乳幼児の食事は一生の味覚を左右するって本当!?子育てと食育

乳幼児の食事は一生の味覚を左右するといっても過言ではありませ…

乳幼児の食事は一生の味覚を左右するといっても過言ではありませ…

国民皆歯科健診とは?2022年6月時点の情報を調べてみた

実現に向けて動き出している「国民皆歯科健診」が話題に上がる今…

実現に向けて動き出している「国民皆歯科健診」が話題に上がる今…

奥歯の被せ物、セラミックと金属どちらを選ぶ?メリット・デメリット徹底比較!

奥歯がむし歯になってしまうと、被せ物をして治療を行うことがあ…

奥歯がむし歯になってしまうと、被せ物をして治療を行うことがあ…

歯磨き粉のおすすめは?選び方のポイント

歯磨き粉をどのように選んだら良いか、悩むことはありませんか?…

歯磨き粉をどのように選んだら良いか、悩むことはありませんか?…

感染予防と免疫力アップ!口腔ケアで体を守ろう!

体の入り口である口は、食べ物だけでなく、ウイルスや細菌といっ…

体の入り口である口は、食べ物だけでなく、ウイルスや細菌といっ…

「口が開かない」「開けるときに痛む」これって顎関節症?

口を大きく開けにくい、痛くて硬い食べ物を噛めない、あごを動か…

口を大きく開けにくい、痛くて硬い食べ物を噛めない、あごを動か…

6月4日はむし歯予防デー!オーラルケアを見直すための5つのポイント

6月4日はむし歯予防デー!歯科衛生への意識向上を目的とし、6…

6月4日はむし歯予防デー!歯科衛生への意識向上を目的とし、6…

平均的な歯の白さとは?ホワイトニングで自然な白さを

歯は人の印象を決める要素の1つです。きれいな白い歯は、清潔感…

歯は人の印象を決める要素の1つです。きれいな白い歯は、清潔感…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんのほっ…

国民皆歯科健診とは?2022年6月時点の情報を調べてみた

実現に向けて動き出している「国民皆歯科健診」が話題に上がる今…

保険適用で白い詰め物・被せ物ができる!?CAD/CAMって何?

近年、歯科医療でも使われるようになったCAD/CAMとは、コ…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングEtak®OralCareスルガ銀行seeker口コミ投稿キャンペーンAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録