1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>歯の豆知識 > 
  4. お口の中のポコッとした塊。「骨隆起」って何?

お口の中のポコッとした塊。「骨隆起」って何?

コラム>歯の豆知識

2021/11/16

骨隆起は上アゴや下アゴ、歯茎などのお口の中にできる塊のことをいい、外骨症(がいこつしょう)とも呼ばれています。お口の中にポコっとした塊ができていると、病気ではないかと慌ててしまいますが、骨隆起は身体に悪い影響を与えることはありません。



骨隆起とは

上アゴ、下アゴの内側や歯茎の骨が異常に発達し盛り上がり、 コブのようにふくらんだものが骨隆起です。お口の中を鏡で見たり舌で触れたりすると、ぽこっとした出っ張りに気がつきますが、それ以外に自覚症状はありません。触ると固く、表面はツルツルしています。腫瘍や粘膜の炎症ではないので、触れても押しても痛みを感じることはありません。また、自然に小さくなることもありません。骨隆起は、できる部位によって呼び方が変わります。それぞれの特徴をみていきましょう。



*下顎隆起(かがくりゅうき)*
下アゴの内側、舌の下にできるコブが「下顎隆起」です。主に小臼歯の舌側、左右対称にできるケースが多いため、骨隆起が大きくなるにつれて舌が持ち上げられるような位置になり、しゃべりにくさや発音のしにくさを感じることがあります。



*口蓋隆起(こうがいりゅうき)*
「口蓋隆起」は上アゴの中央にできるコブのことを指します。お口の中を鏡で見ても映りにくい場所なので、大きくなってから気付くケースが多いでしょう。下顎隆起と同じようにしゃべりにくさや発音のしにくさを感じたり、食べ物をすりつぶしにくく食事が摂りづらかったりすることがあります。また、総入れ歯を作る時にも影響する場所です。



*歯槽隆起(しそうりゅうき)*
歯を支える骨(歯槽骨)にできる「歯槽隆起」は、上下の歯茎にできる骨隆起です。歯茎に歯槽隆起ができると、歯が常に揺さぶられるため、歯周病が悪化しやすいとされています。



骨隆起の原因

骨隆起ができる原因は現在でもはっきりわかっていませんが、非常に強い力がアゴや歯茎にかかることで接触する部分が骨を守るために過剰発達し、骨隆起ができると考えられています。そのため、歯ぎしりや食いしばり、噛みしめなどの癖がある人は、骨隆起ができやすい傾向にあります。骨隆起の予防や進行を防ぐには、骨への負担の軽減が求められます。骨隆起が気になる人はマウスピースを寝る前に装着するなどし、歯ぎしりや食いしばりを防止し、歯茎にかかる力を軽減するといいでしょう。



また、遺伝も骨隆起ができる原因と考えられています。遺伝によるものの場合、予防策はありませんが、骨隆起は病気ではないため、過剰に不安を感じる必要はありません。



骨隆起は病気ではない

骨隆起は痛みや違和感を引き起こさないので、その存在に気がついた時には大きくなっていることがあります。骨隆起が小さいうちは気付くことなく、年齢がいってからや歯科医師に指摘されて初めて知る、というケースも少なくありません。お口の中にボコっとした塊ができると、病気ではないかと心配になるかもしれませんが、骨隆起はアゴの骨の形が変化したものなので、身体に害を及ぼすことはありません。しかし、状況に応じて治療を検討するケースがあります。



どんな時に治療が必要?

生活に支障をきたさないのであれば、骨隆起を治療する必要はありません。しかし、状況によっては切除するための外科的手術が必要となるケースがあります。まず、食べ物が当たって傷ついたり、コブが気になって必要以上に触ってしまったりすることで痛みが出るケースです。骨隆起のふくらんだ部分は粘膜が薄いので、固い食べ物が当たると擦れて傷付いてしまうこともあります。



また、骨隆起の大きさや場所によって、お口の中が狭くなってしまい言葉を正しく発しにくくなることもあります。そのほかに、下アゴに入れ歯を入れる場合、骨隆起が妨げになりきっちりとした入れ歯が作成できないことや、入れ歯の床と骨隆起が接触することで痛みが発生する場合も治療が必要になります。これらの症状に心当たりがあれば、骨隆起を除去する手術を検討してもいいかもしれません。骨隆起の大きさにもよりますが、骨隆起の手術には保険が適用されます。



また、治療をする必要はないものの、骨隆起によって歯ブラシやデンタルフロスがお口の中でうまく動かせないことがあります。さらに、骨隆起によって食べ物の流動性が悪くなると、歯の根元にプラークがたまりやすくなり、歯周病が進行するケースもあります。そのため、定期的なメインテナンスは欠かすことができません。骨隆起に限った話ではありませんが、お口の中の状態は徐々に変化します。痛みや異常を感じた時は、歯科医院で相談すると安心ですね。




→歯科医院探しはこちらから



(seeker編集部)

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

歯のかぶせものが取れた時の対処法

サイズの大きな虫歯を治療した後は銀歯など被せ物を作り、削った…

サイズの大きな虫歯を治療した後は銀歯など被せ物を作り、削った…

知らない間に進行している?目に見えない虫歯とは?

歯と歯の間や詰め物の中など、目には目えにくい場所は、一見健康…

歯と歯の間や詰め物の中など、目には目えにくい場所は、一見健康…

後戻りを防ぐには?矯正治療後のメインテナンス「リテーナー」を解説!

矯正治療は矯正器具を外して終わりではありません。歯は常に動い…

矯正治療は矯正器具を外して終わりではありません。歯は常に動い…

詰め物が取れた時が見直しのタイミング!?白い詰め物にするべき?

むし歯や嚙み合わせのズレ、歯ぎしり、食いしばり、詰め物の劣化…

むし歯や嚙み合わせのズレ、歯ぎしり、食いしばり、詰め物の劣化…

クリーニングって痛い?怖い?歯科医院でのクリーニングを解説!

歯のクリーニングにはどのようなイメージがありますか?クリーニ…

歯のクリーニングにはどのようなイメージがありますか?クリーニ…

磨いても歯がぬるぬるザラザラするのはなぜ?

歯を磨いた後に舌で歯の表面を触ると、本来であればキュッキュッ…

歯を磨いた後に舌で歯の表面を触ると、本来であればキュッキュッ…

お口の中のポコッとした塊。「骨隆起」って何?

骨隆起は上アゴや下アゴ、歯茎などのお口の中にできる塊のことを…

骨隆起は上アゴや下アゴ、歯茎などのお口の中にできる塊のことを…

気になる歯並び、そのクセが原因かも?歯に影響を及ぼすクセとは?

指しゃぶり、舌のクセ、ほおづえや歯ぎしりなど、無意識に出てし…

指しゃぶり、舌のクセ、ほおづえや歯ぎしりなど、無意識に出てし…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループEtak®OralCareAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録