1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>歯茎の腫れ、出血 > 
  4. 年齢帯別、歯周病の原因と予防について学ぼう

年齢帯別、歯周病の原因と予防について学ぼう

コラム>歯茎の腫れ、出血

2020/03/22

歯周病 原因 予防 年代別
■歯周病と年齢
歯周病の原因菌はいつも口の中にあります。つまり歯周病になるリスクはどの年代にもあるという事です。
しかし年齢を重ねるごとに歯周病にかかるリスクはどんどん増えていきます。
そこで、各年齢帯別の歯周病の原因を理解し、予防に向けた対策を行うことが大切です。

■小学生までのこども
小学生までのこどもでは、5~9歳で子供の歯(乳歯)が抜け始めたころは約35%、10~小学校高学年では45%が歯周病にかかっていると言われています。
しかしこの年齢の子供がかかる歯周病は歯肉炎といい、正しい歯磨きと歯医者さんでの歯磨きを行えば治るものがほとんどです。
歯の生え変わる時期はきれいに生えそろった歯並びと比べて磨きづらく、磨き残しができてしまいます。
こうならないためにも毎日の歯磨きは欠かさずやりましょう。また、親御さんから子供に原因の菌が移ることもあります。
歯ブラシは1人ずつ、自分のものを使いましょう。
 
■中学生から高校生までのこども
この時期の子供はいわゆる思春期と呼ばれ、性的な成長がみられる期間です。思春期では上で説明した小学生までと比べて急激に増えます。
これは成長の過程で性ホルモンが多くなり、精神的に不安定になることで日常の歯磨きがおろそかになったり、奥歯の生え変わりが起こった場所が磨きづらく汚れが残ってしまったりすることが原因だと言われています。
子供と同じ歯肉炎ですが、15歳以降に悪化すると周りの歯や骨に広がる(歯周炎)可能性があるので、初期のうちに治療をし、定期的に歯医者さんでチェックをすることが重要です。
また女性ホルモンは原因の菌を活性化させてしまうので、女の子は注意が必要です。

■妊娠女性
妊娠女性は女性ホルモンのバランスが変わり、このときになる歯周病を妊娠性歯肉炎といいます。
特に妊娠2~8か月で発現して悪化しますが、出産後2カ月程度で減少します。
歯医者さんで歯磨きや歯石を除去してもらうことがメインですが、炎症がひどいときは薬を使うこともあります。この場合はおなかの赤ちゃんへの影響を考え、歯科医師と相談しましょう。

■高齢者
年齢が上がるにつれて、体は様々な変化が起こります。
体の衰え、精神的な変化、持病やその病気の薬の副作用、唾液が減ることも原因の一つです。
これらにより歯周病は高齢者で最も多く、注意が必要です。通常の歯磨き方ではなく、持ちやすい柄の歯ブラシを使ったり、病気や歯周病の進行にあわせた正しいブラシや方法を知ることが大切です。
 
■まとめ
年齢があがるにつれ歯周病になりやすく、重症化しやすくなります。各年齢で原因となる菌は同じですが、その背景は別です。
各年齢帯ごとに適した予防法、治療法をきちんと理解し、また早期に治療し悪化しないようにすることが大切です。
 
 
 
■参考文献
ザ・ペリオドントロジー 第2版(2014年出版)
編集:和泉 雄一ほか
発行者・発行所:永末 摩美 永末書店
                    
 
→歯茎の腫れ、出血の治療が得意な歯科医院選びはこちらから  

(seeker編集部)

この記事の関連記事

親知らずの抜歯、どんな時にする?

親知らずとは、奥歯の中で最も後ろに位置する歯であり、正式名称…

親知らずとは、奥歯の中で最も後ろに位置する歯であり、正式名称…

年齢帯別、歯周病の原因と予防について学ぼう

■歯周病と年齢 歯周病の原因菌はいつも口の中にあります。つ…

■歯周病と年齢 歯周病の原因菌はいつも口の中にあります。つ…

歯の神経って何?歯の神経について知ろう。

虫歯がひどくなってしまうと「根っこの治療が必要です」という言…

虫歯がひどくなってしまうと「根っこの治療が必要です」という言…

子供の発育と歯を見守る「小児歯科」は何歳まで通うのが良い?

小児とは成人や老人という言葉に対して用いられますが、はっきり…

小児とは成人や老人という言葉に対して用いられますが、はっきり…

インプラントの歯科医院選び、押さえておきたい7つのポイント!

インプラント治療は外科手術を用いて行うものであり、出血などを…

インプラント治療は外科手術を用いて行うものであり、出血などを…

歯を失った時の大事な選択肢!入れ歯治療の流れとは?

歯を失った際の選択肢として真っ先に上がる入れ歯(義歯)の治療…

歯を失った際の選択肢として真っ先に上がる入れ歯(義歯)の治療…

虫歯や歯周病ケアの強い味方!フロスの種類と使い方。

みなさん、歯ブラシは使うけど、フロスは使ってないなんてことは…

みなさん、歯ブラシは使うけど、フロスは使ってないなんてことは…

矯正方法のメリット・デメリット。あなたにオススメの矯正方法は?

マウスピース矯正がSNSなどで利用者を増やしています。 歯…

マウスピース矯正がSNSなどで利用者を増やしています。 歯…

人気記事ランキング

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

ホワイトニング治療の流れを解説!

ホワイトニング治療には家で行う「ホームホワイトニング」と …

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科医師インタビュー】歯が抜けるだけじゃない、全身疾患との関連性も指摘される怖い病気。日米の歯周病学会所属の院長に聞く『歯周病』の話。

今回は現代病とも呼ばれ、知らずに進行してしまう実はちょっと恐…

歯を白くしたい!けど、安いホワイトニングって大丈夫?

一般的にも歯への意識が高まってきている近年。 虫歯や歯周病…

歯を失う原因にもなる歯周病の治療の流れを解説!

成人の約70%が罹患しているといわれており、大切な歯を失う二…

【歯科医師インタビュー】見た目のキレイだけではなく、人生までも変える矯正。今後の矯正歯科のあり方、選び方とは?

審美という側面でも海外だけではなく日本でも当たり前になってき…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニング seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録