1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>審美・矯正 > 
  4. どうして歯並びが悪くなるの?原因と身体への影響とは

どうして歯並びが悪くなるの?原因と身体への影響とは

コラム>審美・矯正

2021/05/31

歯並び,矯正

まるで計算されたかのように真っ直ぐ生えてくれればいいものの、なぜかチグハグに生えてくる歯並びの不思議。



整った歯並びに直すために、矯正治療を選ぶ人も少なくありません。



お金や時間、ケアを必要とする矯正治療。
歯並びが悪くなる原因や身体への影響を知ることで、最小限に抑えることはできないのでしょうか?



歯並びが悪くなる原因

まず、歯並びが悪くなる原因をまとめてみましょう。



*クセや習慣*
歯に力が加わるクセや習慣と歯並びは密接に関係しています。
顎関節に負担をかけやすい頬杖は、あごの骨のゆがみにつながります。あごの骨がゆがむと、歯が斜めに生えてしまったり、奥歯のかみ合わせのズレが起きたりし、歯並びが悪くなる原因になることがあります。
就寝中のクセも要注意!横向きやうつぶせなど毎日同じ体勢で寝ていると、あごの骨や歯に力がかかり、歯並びに影響することがあります。



舌のクセも歯並びを悪くする原因のひとつです。舌だけではそこまで大きな力は加わらないと思うかもしれませんが、意図していない舌の動きが、歯に力をかけていることがあるのです。例えば、いつも前歯の裏側に無意識に舌を押し当てている場合、食べ物を飲み込んだり話したりする時に、舌が歯に圧をかけてしまいます。
このように自分では気付いていないクセや習慣の積み重ねで、歯並びが悪くなることがあるのです。



*遺伝*
歯並びの悪い親の子供は同様に歯並びが悪くなることがあるといいますが、遺伝しているのは歯並びではなく顔を作る土台です。あごの大きさや骨の形、上下の骨格バランス、歯のサイズが遺伝すると、それに付随して歯並びが悪くなることがあります。



*骨格*
骨にゆがみが生じると歯並びが悪くなることは前述した通りです。そのほかに骨格が元で歯並びが悪くなる原因として、あごの発達不良が挙げられます。あごの幅が狭いと、歯が生えるスペースも必然的に狭くなり、歯が斜めに生えたりズレて生えたりすることがあります。



*口呼吸*
口呼吸による歯並びの影響について言及するには、舌の話に触れる必要があります。舌は通常、上前歯の裏側にあるくぼみに先端がついた状態にあります。舌が正しい位置に収まっていることでお口の周り筋肉とのバランスが保たれ、整った歯並びになります。
ところが日常的に口が開いていることで舌の動きや位置が定まらず、前歯を押し出すなどの舌の動きを促してしまいます。



また口呼吸をしていると、無意識に口が開いていることがよくあります。すると、舌やあごの位置が下がったり筋肉のバランスが崩れたりし、歯並びに悪い影響を与えることがあります。



*食べ物をあまり噛まない*
時代とともに食生活が変化し、やわらかい食べ物が好まれ、噛む回数が減っていることも歯並びが悪くなる原因です。また、忙しさなどから食事をとる時間が短くなると、十分に噛み、時間をかけて食事をすることが難しくなっています。
食事の際にしっかり噛まないとあごが正常に発達せず、歯の大きさとあごの大きさのバランスが崩れて、歯並びに影響すると考えられます。



歯並びが悪いとどうなる?

では、歯並びが悪いとお口や身体にどのようなことが起こるでしょう。



*むし歯や歯周病*
入り組んだ歯並びをしていると、歯の隙間に食べカスやプラークが溜まりやすいため、むし歯や歯周病のリスクが高まります。また、歯が重なっている部分は例えむし歯の治療が終わったとしても、セルフケアだけで細部の汚れを取りきるのは難しく、再び同じ場所がむし歯になってしまう可能性もあります。



*咀嚼不足による胃腸への負担*
歯並びの悪さは噛み合わせの悪さにもつながります。上下の歯が正しく噛み合わないと、強く噛むことやしっかり食べ物をすりつぶすことができないまま飲み込んでしまいがちです。よく噛まないで飲み込んでしまうと、胃腸などの消化器官に負担がかかります。



*発音しづらい*
歯並びや噛み合わせが悪くお口をしっかり閉じることができないと、滑舌が悪くなり正しい発音ができない恐れがあります。口から息が漏れてしまい、サ行やタ行、ラ行が発音しにくかったり聞き取りにくい発音になってしまったりします。
正しく言葉を発するには、歯や舌、お口の中の粘膜が正しく機能する必要があります。そのうちのひとつでも崩れてしまっては発音にも異常が起きてしまいます。



*口臭 *
歯並びが悪いときれいに歯みがきができず、細菌が繁殖しやすい環境になりがちです。細菌が繁殖したお口の中は、口臭の原因となる物質の巣窟になってしまうことがあります。



また、前に出た歯がじゃまをして口を閉じにくくなることによる口呼吸も口臭の原因になることがあります。口呼吸によってお口の中が乾燥すると、細菌の働きを抑える唾液の分泌量が減り、強い口臭を発するようになると考えられます。



歯並びは個性でもある

数々のデメリットを挙げてきましたが、整った歯だけが美しく、そうではない歯は醜いというわけではありません。「歯並びは個性のひとつである」と考えると、コンプレックスどころかチャームポイントになることもあるのです。



マドンナは隙間のある前歯を魅力のひとつとし、矯正治療をしていません。むしろ、すきっ歯はセクシーだという印象を持たれ、海外のセレブもマドンナのように前歯の矯正をせず、個性としてそのままにしている人は少なくありません。
また、俳優の窪田正孝さんは左右の八重歯が印象的。笑顔の瞬間にちらりとのぞく八重歯にキュンとする人も少なくないのではないでしょうか。



身体全体に与える影響などを歯科医師に相談の上、適切なメインテナンスをすれば、彼らのように歯並びを個性として受け入れることもできます。必ずしも「歯並びが悪い=矯正」と考える必要はないのです。




→矯正治療が得意な歯科医院選びはこちらから



(seeker編集部)


ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

歯に悪い食べ物はよく聞くけれど…歯に良い食べ物・食べ方ってあるの?

歯に良くないことを理由に制限をする食べ物はあるものの、『これ…

歯に良くないことを理由に制限をする食べ物はあるものの、『これ…

くりかえすお口のトラブル、ストレスや疲れが原因かも?

ストレスは健康の敵。お口の中でもそれは変わらず、むしろお口は…

ストレスは健康の敵。お口の中でもそれは変わらず、むしろお口は…

歯がしみる!辛い時の対処法は?

冷たいものを飲んだり食べたりすると歯がしみて痛い、そんな辛い…

冷たいものを飲んだり食べたりすると歯がしみて痛い、そんな辛い…

口内炎が痛い!治療方法はあるの?

一度できると1日中悩まされる口内炎。食べても痛い、しゃべって…

一度できると1日中悩まされる口内炎。食べても痛い、しゃべって…

歯の治療を途中でやめてしまった・・・どうなる?

「歯の痛みや症状が治まった!」「仮歯が入ったからとりあえずこ…

「歯の痛みや症状が治まった!」「仮歯が入ったからとりあえずこ…

歯の溝を埋めてむし歯予防!シーラントの正しい使い方

奥歯には食べ物をすりつぶす役割があるため、表面には複雑な溝が…

奥歯には食べ物をすりつぶす役割があるため、表面には複雑な溝が…

6月4日『むし歯予防デー』 歯とお口の健康週間!

6月4日は『虫歯予防デー』。「6(む)4(し)」という語呂合…

6月4日は『虫歯予防デー』。「6(む)4(し)」という語呂合…

どうして歯並びが悪くなるの?原因と身体への影響とは

まるで計算されたかのように真っ直ぐ生えてくれればいいものの、…

まるで計算されたかのように真っ直ぐ生えてくれればいいものの、…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】歯が抜けるだけじゃない、全身疾患との関連性も指摘される怖い病気。日米の歯周病学会所属の院長に聞く『歯周病』の話。

今回は現代病とも呼ばれ、知らずに進行してしまう実はちょっと恐…

歯を白くしたい!けど、安いホワイトニングって大丈夫?

一般的にも歯への意識が高まってきている近年。 虫歯や歯周病…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録