1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>歯の豆知識 > 
  4. その怖さ、歯科恐怖症かも? 歯科でも痛くない治療がある

その怖さ、歯科恐怖症かも? 歯科でも痛くない治療がある

コラム>歯の豆知識

2021/09/10

歯科恐怖症 むし歯 麻酔

むし歯を始めとした口内のトラブルは放置して治ることはあまりありません。しかし歯が痛いけれども歯医者に行くのは絶対嫌だという人は案外多いものです。この記事では歯科治療が怖い理由や歯科恐怖症について、歯科医院で行える無痛治療をまとめていきます。



どうしても歯科治療が怖い、その理由は?

*歯科治療特有の音や振動による恐怖*
歯科治療といえば歯を削る際の『ウイーン』という高音や、口内に差し込まれた機材からの振動がイメージされます。この音や振動は多くの人にとっては決して快いものではありません。歯科治療では硬い歯を削らなければならないため、機材特有の音や振動がある程度発生することは避けられません。ですが、最近の歯科治療用機材は一昔前の機材より音も振動もかなり静かになっています。もし年単位で歯科医院に行っていないのであれば、一度行ってみると変化に驚くかもしれません。



*以前の痛みによる怖さ*
痛覚は身体にとって異常を知らせる信号のようなものです。だからこそ人間の脳は痛みを忘れないようになっているという研究結果があります。痛い歯科治療を経験すると、痛みの記憶が強く残り、結果的に治療に恐怖を覚えるのは脳の仕組みからすると仕方ないことといえるようです。ただ、最近の歯科治療はできるだけ患者さんの負担が少ないように工夫されています。昔の歯科治療は痛かったけれど今はまったく痛くないという感想も珍しくありません。



*麻酔が効かなかった経験*
治療による強い痛みが予想されるとき、歯科治療でも麻酔を使います。ところが歯科治療で麻酔をしたのに効かなかったという経験をしている人は少なくありません。「麻酔をしていたのに痛かった!」となることで、より痛みの記憶は強くなります。歯科治療の麻酔が効きづらくなる理由はいくつかあります。進行したむし歯には麻酔が効きづらい、治療する歯の位置によっては麻酔が浸透しづらい、そもそも歯科治療で緊張しているので麻酔が効きづらいなどです。



歯科恐怖症に陥っている恐れも

なかには歯科医院に行くことを考えるだけで恐怖で冷汗が出る、呼吸や動悸が早くなる、身体が震えるなどといった身体症状が出ることがあります。口内に治療器具を入れられると吐き気を催し、治療が続けられなくなってしまうなどという症状が出る人もいます。これらはれっきとした歯科恐怖症という病気です。歯科恐怖症になると、むし歯が進行して痛みが強くなっても歯科医院に行けなくなってしまいます。



むし歯を放置した場合のデメリット

むし歯を放置すると日夜を問わず激痛が発生します。最終的には歯が失われるだけでなく、命に危険が及ぶことがあります。むし歯はむし歯菌が出す酸によって歯が溶かされる病気です。むし歯の進行には激痛を伴います。進行した重度のむし歯の痛みは痛み止めが効かないこともあります。激痛を抱えたままの生活は想像を絶するストレスです。



さらにむし歯が進行するとむし歯菌が血液の中に入り、全身に回ることがあります。脳や心臓にむし歯菌が辿り着いた結果、脳梗塞や心筋梗塞の原因となることもあるのです。昨年国立循環器病研究センターの研究グループが、むし歯菌の一種が口内に存在することによって脳卒中リスクが高くなったという研究結果を発表しています。歯科医院で治療することなくむし歯が治ることはありません。痛みを感じた時はもちろんですが、口内に違和感を覚えたタイミングで歯科医院に行くようにしたいですね。



歯科医院で行う無痛治療の主な種類

*注射の前に行う表面麻酔*
麻酔注射は治療の痛みを軽減してくれますが、そもそも注射自体に痛みがあります。近年は多くの歯科医院で、注射の痛みを感じないようにするため先に歯茎表面に麻酔薬を塗るようになっています。無味無臭の麻酔薬もあれば、イチゴやバナナなど子どもが喜びそうな香りの麻酔薬が用いられることもあります。表面麻酔薬の種類にもよりますが、表面麻酔は数十秒~数分の短い時間で麻酔の効果が表れるので治療が長引くこともありません。



*静脈鎮静法*
特に過度の歯科恐怖症であれば、静脈鎮静法による治療が可能な歯科医院を選ぶことをおすすめします。静脈鎮静法とは精神安定剤を静脈に点滴する治療方法です。深くリラックスしてほとんど眠った状態で歯科治療を受けられます。痛みを感じにくくなるだけでなく、治療器具の音や振動に対しての恐怖心も薄れるというメリットがあります。静脈鎮静法と表面麻酔、局所麻酔を組み合わせることでほとんど痛みのない歯科治療を行うことが可能です。静脈鎮静法は全身麻酔と違って自発呼吸を保ったまま行います。身体への負担も全身麻酔より軽いとされています。麻酔効果が抜けるのも全身麻酔より早いので日帰りでの手術も可能です。



デメリットは症状や歯科医院にもよりますが保険適応外になることがあること。自費負担で数万円程度費用が掛かる可能性があります。



歯科医師や歯科スタッフとの信頼関係も重要

人間は不安を感じるとより痛みや恐怖が増すようになっています。歯科医師や歯科スタッフに対して不信感があると歯科治療への恐怖心が増し、結果として治療の痛みをより強く感じることもあります。反対に歯科医師、歯科スタッフを信頼することができれば治療への恐怖が薄れ、リラックスして治療を受けることができるはずです。治療に対する不安や恐怖、疑問はぜひ歯科医師や歯科スタッフに相談してください。コミュニケーションを取ることで患者さんと歯科医師、スタッフとの信頼関係が築けます。結果として痛みや恐怖の少ない治療が叶うはずです。






→予防・メインテナンスが得意な歯科医院選びはこちらから



(seeker編集部)

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

むし歯や歯周病は歯の感染症?移るリスクは

むし歯や歯周病は、お口の中の細菌による感染症の一種です。感染…

むし歯や歯周病は、お口の中の細菌による感染症の一種です。感染…

歯が欠けた!少しならそのままでも大丈夫?どれくらいから治療が必要?

歯が欠けるのは、お口にとってとても重大なこと。誤った対処をし…

歯が欠けるのは、お口にとってとても重大なこと。誤った対処をし…

こどもの歯から大人の歯へ。生え変わる時期やトラブル、お手入れについて教えて!

一定の年齢になると、自然にこどもの歯(乳歯)から大人の歯(永…

一定の年齢になると、自然にこどもの歯(乳歯)から大人の歯(永…

赤ちゃんの歯が生える時期は決まっているの?

歯の生える時期や順番が他の赤ちゃんと違うとわかった場合、みな…

歯の生える時期や順番が他の赤ちゃんと違うとわかった場合、みな…

その怖さ、歯科恐怖症かも? 歯科でも痛くない治療がある

むし歯を始めとした口内のトラブルは放置して治ることはあまりあ…

むし歯を始めとした口内のトラブルは放置して治ることはあまりあ…

歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった…原因は?

お肉などを食べたとき歯の間に繊維がはさまりやすくなった、歯磨…

お肉などを食べたとき歯の間に繊維がはさまりやすくなった、歯磨…

海外へ行くその前に!日本と海外、歯科治療はどう違う?

新型コロナウイルス感染症にまつわる状況が落ち着いたら、海外赴…

新型コロナウイルス感染症にまつわる状況が落ち着いたら、海外赴…

歯が伸びた!気のせい?元に戻る?

seekerに一本の体験談が寄せられました。その体験談は、む…

seekerに一本の体験談が寄せられました。その体験談は、む…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループEtak®OralCareAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録