1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>歯の豆知識 > 
  4. 自分の歯を1本でも多く残したい!そのワケとは?

自分の歯を1本でも多く残したい!そのワケとは?

コラム>歯の豆知識

2021/10/07

歯科治療において、自分の歯を少しでも温存するのはなぜでしょうか。その理由は「噛む」という動作にあります。噛むという動作には、認知症予防や健康維持など、さまざまなプラスの作用があるとされています。本コラムでは、噛むことの必要性や自分の歯を残すことの重要性について解説します。



そもそもなぜ歯は重要なのでしょうか

私たちは、「歯は大切」ということを漠然と理解してはいるものの、その理由までわかる人は少ないのではないでしょうか。歯は日常生活の中でどのような役割を担うのか、ひとつずつみていきましょう。




*食事*
食事をする時、私たちは咀嚼することで食べ物を細かく噛み砕いています。咀嚼によって唾液の分泌を促したり食べたものを消化しやすい形に変えたりし、からだの中でおこなわれる消化をスムーズにします。細かく噛み砕かれた食べものは、からだ中に入り栄養となって行きわたるとされています。



この時、歯に違和感があったり入れ歯などが気になったりすると、咀嚼の回数が減ってしまい、消化不良や栄養の吸収を妨げてしまう原因になることもあります。



また、ものを噛んだ時の歯触りや舌触り、噛みごたえなどは、味覚を助ける役割を持つとされ、食事の楽しさを広げることにもつながります。食事をする中で「噛む」という感覚も養われ、硬い異物などをからだの中に入れるのを防ぐ役割も果たしています。
そのほか、噛むことは嚥下障害の防止にも繋がります。




*発音*
会話を楽しむ中で発している声は、声帯の振動だけでなく唇や舌の動きを歯が正しくサポートすることで正しい発音となります。この時、歯に隙間がある場合は息が漏れてしまい、はっきりとした発音ができず聞き取りにくい音になってしまいます。



また、入れ歯や差し歯などを入れたお口の中では、舌を動かす範囲が変わってしまうため発音が変わることもあります。聞き取りにくい状態が続いてしまうと会話も弾まず、次第に話す機会が少なくなってしまいがちです。発音がしやすいと、会話が弾みストレス緩和になることもあるでしょう。




*表情*
歯並びが整っており正しく歯が噛み合うことで、顎の骨や筋肉の成長が促されます。すると、表情をつくる筋肉や神経が刺激をうけ、豊かな表情へとつながります。上がった口角や豊かな表情は、円滑なコミュニケーションを助けます。さらに、噛む動作で表情筋も鍛えられ、口元の若々しさをキープすることもできるでしょう。




*からだのバランス*
歯はからだ全体のバランスにも関係するといわれています。「起き上がる、歩く、持つ」などの日常的なさまざまな動作は、奥歯を噛みしめる力と連動しており、噛む力が正しく働かないと、動作にうまく力が入らないことがあります。



歯の噛み合わせが良いとしっかりと噛みしめることができるため、噛む力によって顎や頭の位置を固定し、からだ全体の筋肉のバランスを整えるとされています。
噛む力によって瞬時に動く能力(瞬発力)も養われ、スポーツにおいても十分な力を発揮することができます。



さらに、からだのバランスが崩れてしまうと肩こりやめまい、からだ全体の不調があらわれることもあり、集中力の低下にもつながってしまいます。




*脳への影響*
歯の根には、歯と歯槽骨の間に歯根膜という組織があります。歯にかかる力を緩和させるクッションの役割のほか、ものを噛むことで圧がかかり、噛んだ感触の情報を脳に伝達します。
また、しっかり噛むことでそれぞれの筋肉や神経が刺激をうけて、血行が促進されるだけでなく脳の機能を活性化することにもつながり、認知症の予防などにも良いとされています。




お手入れにも変化が
/

インプラントや入れ歯の場合、そのもののお手入れに加えインプラントの接合部分や残っている歯を気にかけながら、きめ細やかで特別なお手入れが必要となります。
もしも自分の歯であれば、歯ブラシとフロスだけで毎日のお手入れができます。自分の歯のお手入れが最もシンプルで、インプラントや入れ歯に比べて複雑なお手入れをしなくてもきれいな状態を保つことができます。



健康維持にもつながる

よく噛むことは肥満防止につながることは広く知られていますが、そのほかにも自分の歯でしっかりと噛むことで、食感や食べものの味を堪能することができます。食事が楽しみになるのはもちろんのこと、栄養のバランスが偏ることも防げるでしょう。また、噛むことで唾液の分泌を促し、口内環境を整えてくれます。



噛む力によりからだ全体の筋肉バランスが整い、運動の能力が向上することで、外に出る機会が増え脳に与える情報も増えていきます。その結果、からだだけでなく心までも健康な状態を維持することにつながるのです。



自分の歯を大切にする理由がおわかりいただけたでしょうか。将来の自分に1本でも多くの歯を残せるように、改めて自分の歯と向き合ってみてはいかがでしょうか。




→歯科医院探しはこちらから



(seeker編集部)

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

歯列矯正、何歳からはじめる?年代別メリット・デメリット

歯列矯正をはじめるタイミングは歯科医院で相談して決めることが…

歯列矯正をはじめるタイミングは歯科医院で相談して決めることが…

インプラント手術、どのくらい痛い? 術後も痛みは続く?

インプラントは入れ歯に代わる義歯治療として近年ぐっと注目度が…

インプラントは入れ歯に代わる義歯治療として近年ぐっと注目度が…

口内炎が治らないのはなぜ?種類を見極めて早く治そう

口内炎は痛みや違和感を引き起こし、出来た場所によっては飲食や…

口内炎は痛みや違和感を引き起こし、出来た場所によっては飲食や…

歯ブラシはどんなものがいいの?選び方教えて!

歯ブラシを購入するとき、数多くある歯ブラシを前に、どれを選ん…

歯ブラシを購入するとき、数多くある歯ブラシを前に、どれを選ん…

自分の歯を1本でも多く残したい!そのワケとは?

歯科治療において、自分の歯を少しでも温存するのはなぜでしょう…

歯科治療において、自分の歯を少しでも温存するのはなぜでしょう…

マスク生活で気になり始めた口臭…治療はできるの?

日常的にマスクを使用するようになり、ふとした瞬間の口臭にびっ…

日常的にマスクを使用するようになり、ふとした瞬間の口臭にびっ…

治療の前に知っておきたい!歯の神経を抜くリスクとは

お口の中の健康を保つために「神経」は非常に大切な役割を持って…

お口の中の健康を保つために「神経」は非常に大切な役割を持って…

むし歯は治したはずなのに!治療後に痛みが出る原因と対処法まとめ

むし歯の治療が終わり、これで痛みから解放されると思いきや、治…

むし歯の治療が終わり、これで痛みから解放されると思いきや、治…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループEtak®OralCareAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録