1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>詰め物・被せ物 > 
  4. 治療した歯、どれくらいもつ?長持ちさせる秘訣を紹介

コラム>詰め物・被せ物

2022/10/25

治療した歯、どれくらいもつ?長持ちさせる秘訣を紹介

痛みや苦痛を伴い、治療期間も長期にわたることが多いむし歯の治療。むし歯になってしまった部分を削り、詰め物や被せ物をすればもう大丈夫と思っていませんか?

残念ながら、詰め物や被せ物は永久的に使い続けられるわけではなく、多くの場合何らかの理由で詰め物や被せ物が破損し、再治療を行うことになります。今回は治療した歯をできるだけ長持ちさせ、健康な状態を維持する秘訣を紹介します。


詰め物や被せ物の寿命

被せ物や詰め物の種類は、保険が適用されるものや保険が適用されない自費診療のものまで様々で、素材ごとに費用や耐久年数も変わってきます。

上記の年数は、治療後に何かしらの異変が出てくるまでの平均年数です。人それぞれ口腔内の状態や生活習慣、食習慣は異なるため早く破損してしまう人もいれば、適切な管理を続けることで長期にわたって継続して使用できる人もいます。


▶詰め物や被せ物の寿命についてはこちらのコラムをご覧ください



詰め物や被せ物が劣化するのはなぜ?

詰め物や被せ物は、口腔内の状態や生活習慣、食習慣によってダメージを受けたり、素材自体が劣化したりします。特に保険が適用される素材は、保険が適用されないセラミックなどの素材と比較すると耐久性は弱くなってしまいます。では、なぜ詰め物や被せ物は、壊れたり外れたりするのでしょうか。



詰め物や被せ物が壊れる原因

歯並び

歯並びが悪いと、歯と歯の間や歯が重なっている部分に磨き残しができ、むし歯になりやすくなります。むし歯になることで、歯と詰め物や被せ物の間に隙間ができ、やがて破損に繋がります。また、噛み合せの悪さも影響し、歯に過度な力が加わることによって壊れやすくなります。



歯ぎしりや食いしばり

緊張などから歯を食いしばったり、強い顎の力で歯をすり合わせる歯ぎしりをする癖があったりする場合は注意が必要です。歯に様々な方向から大きな負担がかかっている可能性が高く、詰め物や被せ物へ継続的に過度な力が加わることで、割れたり欠けたりすることがあります。



歯の本数の減少

歯の本数が少ない場合、残りの歯に掛かる負担(かみ合わせの力)が大きくなります。結果として、詰め物や被せ物が早く壊れてしまう場合もあります。



毎日の歯磨き

毎日の歯磨きがきちんとできていないと、むし歯ができやすくなります。特にむし歯の治療で詰め物を行った部分は、自分の歯との間に僅かな段差ができるため、その部分に磨き残しがあると詰め物の下にむし歯ができてしまいます。むし歯の進行が進むと、歯と詰め物や被せ物の間に隙間ができ、やがて破損に繋がります。



食生活

硬いものや酸っぱいもの、甘いものを好んで食べる人は注意が必要です。硬いものを噛むことで顎に過度な力が加わり、歯に大きな負担がかかるため、詰め物や被せ物が壊れやすくなります。また、酸っぱいものや甘いものはむし歯の原因になりやすく、土台の歯がむし歯になることで、歯と詰め物や被せ物の間に隙間が生じ、やがて外れてしまいます。



詰め物や被せ物が外れる原因

接着剤や素材の経年劣化

詰め物や被せ物は、歯科用の接着剤(セメント)を使って歯に固定します。この接着剤は経年的に劣化し、接着力も低下すると言われています。また、金属などの素材そのものが劣化・破損して外れる場合もあります。



むし歯の再発

詰め物や被せ物と歯の隙間からむし歯菌が入り込み、むし歯ができる場合があります。詰め物や被せ物の下にむし歯ができ、むし歯の進行が広がるほど外れやすくなります。



▶むし歯の再発についてはこちらのコラムをご覧ください



治療した歯を長持ちさせるには

毎日のセルフケア

どれだけ精度の高い詰め物や被せ物を作っても、詰め物や被せ物は人工物であるため劣化を完全に防ぐことはできません。しかし、お口の中の環境を整えることで劣化を遅らせ、長持ちさせることはできるので、適切な歯磨きを行い、毎日の口腔ケアを欠かさないことが大切です。詰め物と歯の境目や、被せ物と歯肉の境目には歯垢(プラーク)がたまりやすいため、歯磨きの際には丁寧にブラッシングを行います。さらに歯間ブラシやデンタルフロスを併用し、歯と歯の間まできれいにすることを心がけましょう。



定期的な歯科検診

毎日の歯磨きはもちろん、定期的に歯科医院で検診を受けることも大切です。治療した歯の被せ物や詰め物の状態や、自分の歯との隙間にむし歯ができていないか診てもらうことで二次むし歯を予防することができます。

また、自分ではケアしきれない磨き残しにより、歯垢や歯石がたまってしまいます。定期的に歯科医院で歯垢や歯石を取り除いてもらうことで、歯をきれいで健康な状態に保つことができ、結果的に治療した歯を長持ちさせることに繋がるのです。



▶定期健診についてはこちらのコラムをご覧ください




→歯科医院探しはこちらから



筆者:seeker編集部

人気記事ランキング

虫歯治療が得意な歯科医院

こちらもcheck!