1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>審美・矯正 > 
  4. 歯列矯正後の「後戻り」を避けるためにすべきこと

コラム>審美・矯正

2022/11/01

歯列矯正後の「後戻り」を避けるためにすべきこと

せっかく歯列矯正をしたのに「後戻り」をしてしまう人が一定数います。矯正治療にはいくつか方法がありますが、どの方法でも後戻りの可能性はあります。時間も費用もかけてきれいになった歯列が、元に戻ってしまうのは誰もが避けたいことでしょう。今回は、後戻りをしないためにやるべきことをご紹介します。


矯正後の後戻りとは?

後戻りとは、矯正によってきれいに整った歯並びが、元に戻ってしまうことです。矯正器具をはずした直後は、歯を支えるアゴの骨が固まっておらず、歯がとても動きやすい不安定な状態です。歯や骨は元の位置に戻ろうとする習性があるため、何もしないまま放置してしまうと、後戻りは起きてしまいます。また口の中は時間の経過とともに常に変化しています。自身の生活習慣や日常生活での癖などが影響することもあるでしょう。骨が安定するには最低1年はかかると言われており、歯並びを定着させるためには、矯正後のアフターケアが必要不可欠です。


矯正後に後戻りしてしまったのはこんな人

今回あげたのはいずれもアフターケアを怠ってしまった代表的な例です。口の中の状態は千差万別。下記に心当たりがないのに後戻りしてしまった方は医師に相談ください。


リテーナーを装着しなかった

矯正の治療後は、「リテーナー(保定装置)」という歯を固定する装置の装着が必要になります。リテーナーの役割は、歯列を整え安定した状態を、維持し続け固定化させることです。このリテーナーの装着を、「装着が面倒」「不快感がある」「見た目を気にして」などの理由により、サボってしまう方が少なくないようです。



メンテナンスをしなかった

経過観察として、矯正後も通院して歯の状態を歯科医にみてもらうことも必要です。虫歯や歯周病だけでなく、生活習慣などにより素人では気づかない口腔内の変化や病気が潜んでいる可能性もあるからです。目に見える不都合がないからと、自己判断で通院をやめたり通院を億劫がったりする人もいるようです。


歯並びに注意が必要な生活習慣や癖には下記が一例としてあります。
歯ぎしりや食いしばり、頬杖や猫背などの姿勢、口呼吸、うつぶせ寝、舌の癖など

矯正を途中でやめてしまった

先に述べたように、歯には元の場所に戻ろうとする習性があります。また矯正していなくても、歯は噛み合わせや習慣で動いていることもあります。矯正した歯が固定化する前にやめてしまっては、後戻りは避けられません。治療が終了しないのはもちろん、金銭面でももったいないですよね。


後戻りを防ぐ方法とは?

「後戻りしてしまった人」が怠ってしまったことを、しっかり実践できれば後戻りは防げます。矯正を途中でやめず、リテーナーを装着して定期メンテナンスを欠かさないことが必須です。


自身にあったリテーナーを必ず装着する

後戻りを防ぐ要となるリテーナーには「固定式」「可動式」などいくつか種類があります。

歯の裏側に専用の接着剤を用いてワイヤーを固定するのが固定式リテーナーです。自分では取り外しができないので、装着に強制力があります。着脱の面倒がない、目立ちにくいなどのメリットがある一方、リテーナーのまわりに食べかすなどのゴミがたまりやすいのは注意が必要です。歯科衛生士によるクリーニングは欠かせません。




一方、可動式リテーナーは自分で取り外しができるタイプです。歯全体をワイヤーで囲む「ベッグタイプ」、前歯をしっかり固定する「ホーレータイプ」、透明のマウスピースを歯にはめる「マウスピースタイプ」など、いくつも種類があります。着脱が億劫になりがちですが、歯をしっかりみがけるのは利点です。

それぞれの特長を理解しながら、自身の歯の状態や生活スタイルにあったリテーナーを医師の指示通りに必ず使うようにしましょう。使い続けられることが大切です。


▶︎リテーナー(保定装置)について詳しくはこちらのコラムをご覧ください


目安は1-2年。通院による定期チェックを欠かさない

またリテーナーの状態を含め、矯正後の歯列に影響するようなトラブルがないか、クリーニングを含めた医師の定期的なチェックも欠かせません。矯正後のチェックは、約1-2年は必要と言われています。期間や頻度は個人にもよりますので、医師の了承があるまでは必ず通院するようにしましょう。



妊娠や出産、転職や転居など、止むを得ない生活スタイルの変化で通院が難しくなることもあるとは思います。その場合は、転院なども視野に入れて定期チェックを怠らないように心がけてみてください。

矯正は、歯列を動かす期間と保定する期間、両方あって可能になるものです。歯列を動かした後は自己管理の部分も大きく大変ですが、後戻りを避けるためには、矯正後の期間こそ重要ともいえるでしょう。リテーナーの装着はもちろん、歯みがきなどの自身でできるメンテナンス、医師による定期チェックいずれも継続し、矯正後のきれいな歯列をできるだけ長く保ちたいですね。



→矯正治療が得意な歯科医院選びはこちらから



筆者:seeker編集部

人気記事ランキング

矯正治療が得意な歯科医院

こちらもcheck!