1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>予防・メインテナンス > 
  4. 冷たいものがしみる・痛い!知覚過敏の原因と仕組み

冷たいものがしみる・痛い!知覚過敏の原因と仕組み

コラム>予防・メインテナンス

2020/05/26

知覚過敏 歯 痛い しみる
冷たいものが歯にしみる知覚過敏。あまり嬉しいものではありませんが、そんな知覚過敏は何故おきるのでしょうか?

知覚過敏というのは、歯科医院に来院する患者さんの約4分の1程の方が訴えられてくる疾患といわれています。
歯に水や空気が当たるとしみるなどの症状が知覚過敏症です。
温度、擦過(歯磨き)、浸透圧(甘い食べ物、飲み物)、乾燥、化学物質などの刺激によって、一過性の鋭い痛みが生じるのが特徴です。
食事中にピリッと痛みが気になる、冷たいものがしみて食事が出来ないといったように、患者さんによって様々な症状を訴えるのが現状です。

知覚過敏の原因として、従来は強く歯ブラシをしたり、一過性の冷温水痛、甘味痛などで発病することがありますが、何も刺激が無い場合は自発痛がないのが特徴です。
最近ではストレスによる歯ぎしりによって発症する“歯茎周りの欠損”、スポーツドリンクなどのpHの低い健康飲料などの過剰な摂取などが原因の“胃酸の逆流”、口腔乾燥なども原因として発病されるとも言われています。

では、知覚過敏の仕組みについて簡単に解説します。

歯の表面には象牙質があり、その象牙質の表面には1㎟あたり2〜3万本の象牙細管の穴があります。
象牙細管の直径は約1μmで、本来ここは人間の体で最も硬い組織であるエナメル質で覆われていますが、上にあげた歯ブラシのし過ぎや歯周病などという原因で、エナメル質が喪失すると象牙細管が露出してしまいます。
露出した象牙質面に冷たい水や歯磨きなどの刺激があると、象牙細管内の組織液がストローのような役割を果たしてしまい、神経を刺激し痛みとして感じるわけです。

知覚過敏が生じる仕組みについては昔から諸説唱えられてきましたが、上記の説が最も有力とされる1963年にBrannstromが提唱した動水力学説です。

知覚過敏に対する完璧な予防策はありません。
健康な歯でも加齢によってある程度は歯肉が退縮してしまいます。
少しでもリスクを減らすには、歯の根部の象牙質の露出を防ぐために歯周病の予防に努めることと、歯肉の退縮が進みやすいような不適切な歯磨き方法をしないことです。
お近くの歯科医院に通い歯ブラシの使い方などを指導を受けていただけたら、少し知覚過敏発症のリスクは少なくなります。

また、虫歯や歯に亀裂が入っている場合には、歯科医院で早くに治療をする必要があります。
自分が知覚過敏であるのか、虫歯があるのかなどはなかなか分かりにくいので、早めの歯科医院で受診することをお勧めします。
 

■参考文献
日本臨床歯周学会
https://www.jacp.net/perio/about/
 
ザ・ペリオドントロジー 第2版 和泉雄一 木下淳博...


→予防・メインテナンスが得意な歯科医院選びはこちらから  


(seeker編集部)

この記事の関連記事

冷たいものがしみる・痛い!知覚過敏の原因と仕組み

冷たいものが歯にしみる知覚過敏。あまり嬉しいものではありませ…

冷たいものが歯にしみる知覚過敏。あまり嬉しいものではありませ…

顎が痛い・顎から変な音が…「顎関節症」って何?

顎関節症という単語はたまに聞きますが「顎が痛かったり上手く開…

顎関節症という単語はたまに聞きますが「顎が痛かったり上手く開…

歯医者さんでの麻酔の安全性と副作用

麻酔は100%安全性を確保されているというわけではありません…

麻酔は100%安全性を確保されているというわけではありません…

「歯科衛生士」さんと「歯科助手」さんの違いって?

みなさんは歯科衛生士と歯科助手との違いをご存知でしょうか? …

みなさんは歯科衛生士と歯科助手との違いをご存知でしょうか? …

歯医者さんでの「歯のクリーニング」痛い人は要注意!

歯医者さんでクリーニングを行う際に痛みを感じるという方もいら…

歯医者さんでクリーニングを行う際に痛みを感じるという方もいら…

新型コロナウィルス感染症:歯医者さんに行っても良いの?行く時はどんなことに注意する?

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、2020年4…

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、2020年4…

可能な限り天然歯を残す、MI(ミニマルインターベンション)ってなに?

最近はseekerの医院紹介ページや歯科医院のHPなどでも見…

最近はseekerの医院紹介ページや歯科医院のHPなどでも見…

口腔がん、どのような時に歯医者さんに行けば良いのか

お口のトラブルの中でも最も怖いもののひとつである「口腔がん」…

お口のトラブルの中でも最も怖いもののひとつである「口腔がん」…

人気記事ランキング

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

新型コロナウィルス感染症:歯医者さんに行っても良いの?行く時はどんなことに注意する?

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、2020年4…

【歯科医師インタビュー】歯が抜けるだけじゃない、全身疾患との関連性も指摘される怖い病気。日米の歯周病学会所属の院長に聞く『歯周病』の話。

今回は現代病とも呼ばれ、知らずに進行してしまう実はちょっと恐…

歯を白くしたい!けど、安いホワイトニングって大丈夫?

一般的にも歯への意識が高まってきている近年。 虫歯や歯周病…

【歯科医師インタビュー】歯医者さんがどうしても怖い…でも大丈夫!そのメカニズムと間違いない歯科医院選び

歯が痛いけど歯医者さんが怖くてどうしても行くのに二の足を踏ん…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録