1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>予防・メインテナンス > 
  4. やっぱり気になる口臭…原因や改善策はあるの?

やっぱり気になる口臭…原因や改善策はあるの?

コラム>予防・メインテナンス

2021/05/01

口臭,予防歯科

色々な人と接する機会が多くなると、気になるのは口臭です。
口臭は自覚しづらいため、自分の口臭は気が付かずとも、他人の口臭が気になる!という人も多いのではないでしょうか。
また、口臭に気付いたものの、デリケートな話題なため、なかなか本人には言えずじまいなんてことも。



また、昨今のマスク生活で自分自身の口臭が気になり始めたという人も。
気になる「口臭の原因」とは?また、改善策や予防策にはどのような方法があるのでしょうか。



口臭の原因はなんだろう?


口臭の原因は、臭いの強い食べ物による一時的なものから、体調不良によるもの、また体内の病気といった根底から治療が必要とされるものなど、様々です。原因と改善策について考えてみましょう。



食べ物や嗜好品による口臭


にんにく、ねぎ、ニラ、チーズ、香辛料などの臭いの強い食べ物を食べたり、アルコールを摂ったり、喫煙をすることにより、口臭が発生することがあります。
また、舌の表面に汚れが付着した状態「舌苔(ぜったい)」も口臭の原因とされています。
これらは、正しい歯みがきや舌みがきで防ぐことができます。



お口の乾燥が原因の口臭


朝起きた時や緊張などで強いストレスを感じている時、お口の中はカラカラ。また、口呼吸を行うことによって、口内は乾燥状態に。
唾液の分泌が減少しお口の中が乾燥すると、細菌が繁殖し口臭が発生しやすくなります。



乾燥が原因の口臭は、積極的な水分補給や唾液の分泌を促すことで抑えられることがあります。
体を動かしたり歯みがきや舌の体操をしたりして、口の中を潤わせることを心掛けましょう。



むし歯や歯周病が原因の口臭


プラークや歯石(固い石のようなもの)が歯についたままでいると、むし歯や歯肉炎、歯周病が進行することがあり、口臭の原因にもなります。
歯周病は痛みが出にくいため、気付いた時には重症化していることもあります。歯茎の腫れや出血などが気になる場合は、要注意!!
歯科医院にご相談し、治療が必要です。



お口の他にも要因が!


呼吸器官・内臓疾患・糖尿病や便秘によるガスの逆流など、体内の不調が原因で発生する口臭があります。
体内に異常があるとニオイ物質が血液などに流れ込み、肺を通ってでる息が臭うことがあります。



体内の不調は内科医の受診がおすすめです。
お口の中の異常がない場合は、体全体の病気や体調の変化にも注意してみましょう。定期的な体のメンテナンスも大切ですね。



なかには、鼻の病気による臭いを口臭と勘違いする場合もあります。また、周りの人や病院の診断では口臭が認められていないのに「口臭がある」と思い込んでしまう、「自臭症(口臭恐怖症)」という症状があることも覚えておくといいでしょう。



歯みがきできない時の応急処置は?


外出先での食事や長引く会食など、時間が取れず歯みがきができない!なんて状況はありませんか?そんな時の応急処置をご紹介します。



*うがい*
ブクブクとお口の隅々までしっかりうがいをすることによって、お口の中の食べかすや細菌などを一時的に洗い流すことができます。



*唾液の分泌を促す*
唾液の分泌を促すことにより、食べかすや細菌を唾液で流してしまいましょう。
舌で左右の頬や上下の唇の内側を軽くなぞるように刺激し、唾液の分泌を促します。
普段からよく噛んで食べるように心掛け、唾液腺のマッサージなどをしておくとスムーズです。



*ガムやタブレット*
唾液の分泌を促すと同時に、清涼感も味わえリフレッシュできます。
できればシュガーレスやむし歯の原因になりにくいものを選びましょう。



これらは一時的な応急処置として、口臭予防に試してみるといいでしょう。


口臭予防に効果的!定期健診


口臭の原因のほとんどがお口の中にあるといわれています。
歯みがきを毎日しっかり行っていても、口臭改善は容易ではありません。



頑固な歯石や着色は石のように固くなってしまい、毎日の歯みがきだけではきれいに落とすことができません。それらをそのままにしておくと、気付いた時には歯周病やむし歯が進行し、ひどい口臭に…。
そうならないためにも、歯科医院での定期検診をおすすめします。



歯科医院のクリーニングでは、固くなってしまった歯石や着色汚れを専門の機械で除去してくれます。
また、定期的に行なうことで清潔で健康的な状態を維持することができます。
また、お口の中を隅々まで確認してくれるので、歯周病やむし歯など様々な病気の早期発見にもつながります。



定期的な検診を受けていれば、自分の息にも自信が持てるのではないでしょうか?
自宅でできる口臭ケアなども、歯科医院で相談すると適切な方法を教えてもらえます。



口臭はデリケートな問題だからこそ指摘してもらえることは少なく、自覚症状がほとんどないため、気付かず周りを不快にさせていることも考えられます。
また、口臭はお口の不調のみならず、体の不調を伝えてくれている場合もあるとわかりました。
心当たりがある方は、歯科医院への早めの相談や定期的な検診をおすすめします。






→予防・メインテナンスが得意な歯科医院選びはこちらから



(seeker編集部)

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

抜くべき?抜かないべき?親知らずのトラブルと抜くタイミング!

上下左右の一番奥、前から数えて8番目の歯のことを、一般的に親…

上下左右の一番奥、前から数えて8番目の歯のことを、一般的に親…

歯ぎしりは治る?原因と対処法を知ろう!

ギリギリと歯をこすり合わせる「グラインディング」や、カチカチ…

ギリギリと歯をこすり合わせる「グラインディング」や、カチカチ…

子供の歯みがきのコツとは…?むし歯予防おすすめグッズも紹介!!

「子供が歯磨きを嫌がる...」「どうしたらみがいてくれるの?…

「子供が歯磨きを嫌がる...」「どうしたらみがいてくれるの?…

やっぱり気になる口臭…原因や改善策はあるの?

色々な人と接する機会が多くなると、気になるのは口臭です。 …

色々な人と接する機会が多くなると、気になるのは口臭です。 …

白い詰め物と被せ物の違いは…?性質や特長を理解して選び方を比較してみよう!

小さな範囲の治療でも、大きく口を開けた時にちらっと見える歯の…

小さな範囲の治療でも、大きく口を開けた時にちらっと見える歯の…

電動歯ブラシの選び方と歯磨きのコツ!

電動歯ブラシはブラシの細かな動きにより、お口の中のみがきにく…

電動歯ブラシはブラシの細かな動きにより、お口の中のみがきにく…

ステイン除去!“エアフロー”でつやつやの白い歯に!!

鏡で見る自分の歯の表面が、思いのほか黄ばんでいたりくすんでい…

鏡で見る自分の歯の表面が、思いのほか黄ばんでいたりくすんでい…

デンタルエステで表情美人に!お口の周りの美と健康

日頃のストレスやお口の中の筋肉のコリ、緊張は、実は顔の老化や…

日頃のストレスやお口の中の筋肉のコリ、緊張は、実は顔の老化や…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】歯が抜けるだけじゃない、全身疾患との関連性も指摘される怖い病気。日米の歯周病学会所属の院長に聞く『歯周病』の話。

今回は現代病とも呼ばれ、知らずに進行してしまう実はちょっと恐…

歯を白くしたい!けど、安いホワイトニングって大丈夫?

一般的にも歯への意識が高まってきている近年。 虫歯や歯周病…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録