1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>予防・メインテナンス > 
  4. 歯が透けて見える!溶けている?酸蝕歯って何?

歯が透けて見える!溶けている?酸蝕歯って何?

コラム>予防・メインテナンス

2021/06/30

酸蝕歯 歯が溶ける 知覚過敏 歯科疾患 酸

むし歯や歯周病に続いて、歯の寿命を縮めてしまう原因のひとつとされている酸蝕歯(さんしょくし)。聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?酸蝕歯とはどんな症状なのか、その原因や身体に与える影響、日常生活でできる予防方法や治療方法などをご紹介します。



酸蝕歯とは?【第三の歯科疾患】

酸蝕歯とは、きらっと輝く歯の表面にあるエナメル質から、リン酸カルシウムの結晶が溶け出している状態をいいます。この原因は『酸』です。いったいこの酸は、どこから発生しているのでしょうか。
日常生活で口にしている食べ物や飲み物などには、多くの酸が含まれています。例えば柑橘類・お酢・炭酸飲料などは、特に高い酸性度を持つ食品です。
身体の健康のために、柑橘類やお酢を摂り続けている方も少なくないのではないでしょうか。実は、健康のために続けているはずが、摂り方によっては酸蝕歯のリスクを高くしてしまいます。




また、身体の不調にも酸蝕歯の原因が潜んでいます。逆流性食道炎や摂食障害、妊娠中のつわり、食生活の乱れによる暴飲暴食が引き金となり、胃酸が逆流するという状態が続いていると、お口の中が酸性になる時間が長くなり、歯を溶かし酸蝕歯になることがあります。
最近では、酸蝕歯は生活習慣病のひとつと考えられ、むし歯、歯周病につぐ【第三の歯科疾患】として注目されています。



酸蝕歯の症状とは

お口の中で酸にさらされている歯は、歯の表面にあるエナメル質がやわらかくなり、溶けだしやすくなっています。歯のエナメル質の表面がやわらかくなっている時に、硬い食べ物をガリガリ噛んだり毛の硬すぎる歯ブラシで力強くみがいたりすると、エナメル質が徐々に薄くもろくなってしまいます。



また、歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりし歯に強い力がかかると、歯が押され削れやすくなってしまいます。ひどくなると、エナメル質の内側にある組織、象牙質がむき出しになってしまうこともあるのです。
なんとなく熱いものや冷たいものがしみる気がする、歯の角が丸みをおびて見える、歯が黄色っぽく見えるなどの症状は、酸蝕歯の初期症状とされています。




酸蝕歯の初期症状が進行すると、歯の厚みがなくなり歯の先端が薄くなってしまったり、過去に治療した詰め物に隙間ができてはずれてしまったり、もしくは熱いものや冷たいものが常にしみてしまう知覚過敏や歯の表面につやがなくなりくぼみができてしまうなどの症状が徐々に現れてきます。歯の表面のエナメル質が溶けると、溶けた場所からだんだんとむし歯になってしまうこともあります。
いずれも進行がとてもゆっくりなので、自分で気付くのは難しい場合もあります。



予防方法

酸性度の高い飲み物や食べ物は、身体に良いといわれることがあります。酸蝕歯になってしまうからといって、それらを一切摂らないようにするのではなく、飲んだり食べたりする方法の改善から始めてみてはいかがでしょうか。
まずは、酸性度の高い食品の摂取回数を減らすことです。そして毎日の食事はもちろん、スポーツ中の水分補給なども含め、酸性度の高い飲料を摂取した後は、お水でうがいができるような環境を作るといいでしょう。そうすることで、お口の中が酸性に傾く時間を減らすことができ、身体に良いとされる食習慣も続けることができます。
もし、外出が多くうがいや歯みがきがしにくい生活をしている場合は、就寝前に酸性度の高い食品を控えるよう心掛けましょう。そして歯をみがく時には、エナメル質を強化するためにフッ素配合の歯みがき剤や毛のやわらかい歯ブラシで行うことをおすすめします。



また、だらだら食べてしまう習慣の見直しや、飲み物を飲む時はストローを使うなど、お口の中に酸を停滞させないことも大切です。
前の章で言及した逆流性食道炎や摂食障害などの疾患がある方は、治療そのものが酸蝕歯の予防につながります。




酸蝕歯の治療方法

歯が透けてしまったり、歯質が弱くなったりしている場合は、歯質を守り再石灰化を促す薬剤を歯に塗り固め、歯をコーティングする治療方法がとられることがあります。



また、歯に穴が開いてしまったり欠けてしまったりしている場合は、むし歯治療同様にレジンなどを使い修復を行います。症状が酷い場合には、詰め物や被せ物をすることもあります。
原因となる病気や日常生活を見直すことにより、酸蝕歯を予防することができます。ゆっくり進行するため、自分では気付きにくいのが現実です。早めに発見し治療するためにも、定期検診を受け歯の表面に異常がないか確認することをおすすめします。




→予防・メインテナンスが得意な歯科医院選びはこちらから



(seeker編集部)

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

かかりつけ医のススメ 歯科医院の選び方

かかりつけの歯科医院はありますか?歯が痛くなるたびに、予約が…

かかりつけの歯科医院はありますか?歯が痛くなるたびに、予約が…

子供の歯を守りたい!おやつをあげてはいけないの?

子供はおやつが大好き!むし歯になるのは避けたいけれど、ぐずる…

子供はおやつが大好き!むし歯になるのは避けたいけれど、ぐずる…

目立たずにできる歯列矯正ならマウスピース矯正

マスク生活が長引く昨今、口元が人目につかない今だからこそ歯列…

マスク生活が長引く昨今、口元が人目につかない今だからこそ歯列…

長引くマスク生活で激増!?口呼吸のリスク

マスクをつける毎日が続き、呼吸への注目が集まっています。人は…

マスクをつける毎日が続き、呼吸への注目が集まっています。人は…

気になる歯の変色…原因と治療法が知りたい

みがいてもみがいても白さを取り戻せない歯はありませんか?大き…

みがいてもみがいても白さを取り戻せない歯はありませんか?大き…

歯が透けて見える!溶けている?酸蝕歯って何?

むし歯や歯周病に続いて、歯の寿命を縮めてしまう原因のひとつと…

むし歯や歯周病に続いて、歯の寿命を縮めてしまう原因のひとつと…

歯に悪い食べ物はよく聞くけれど…歯に良い食べ物・食べ方ってあるの?

歯に良くないことを理由に制限をする食べ物はあるものの、『これ…

歯に良くないことを理由に制限をする食べ物はあるものの、『これ…

くりかえすお口のトラブル、ストレスや疲れが原因かも?

ストレスは健康の敵。お口の中でもそれは変わらず、むしろお口は…

ストレスは健康の敵。お口の中でもそれは変わらず、むしろお口は…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

【歯科医師インタビュー】令和時代の歯科医院との付き合い方とは。 “To the health” 健康を目指す一生のパートナーとして歩んでいくために。

今回は令和時代の歯科医院との付き合い方と題して、歯科の役割が…

【歯科医師インタビュー】現役のラッパー歯科医師“Dr.COYASS”に聞く。よく耳にする「審美歯科」って何??

いざ歯科医院へ!と思っても違いが分からず迷ってしまう、歯科医…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんにほっ…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングハイライフグループAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録