1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>予防・メインテナンス > 
  4. 虫歯予防になるお菓子がある?歯に良いお菓子・悪いお菓子

虫歯予防になるお菓子がある?歯に良いお菓子・悪いお菓子

コラム>予防・メインテナンス

2022/07/28

虫歯の原因は、お菓子に含まれる糖分や食べかすだといわれています。しかし、お菓子によって使われている糖分が異なるため、虫歯のなりやすさは異なります。



また、口の中の食べかすについても、食べ方を工夫することで少なくすることが可能です。今回は、歯に良いお菓子と歯に悪いお菓子をお伝えするとともに、虫歯になりにくい食べ方を紹介します。



虫歯予防になるお菓子

天然の甘味料「キシリトール」をご存じでしょうか。キシリトールを使用したお菓子は虫歯になりにくいとされています。虫歯は、虫歯菌が作った酸が原因です。口の中に食べかすや糖分があると、それらをエサに酸を作り、歯を溶かします。キシリトールは虫歯菌のエサとなりますが、酸を作り出せないため、虫歯になりにくいという特徴があります。



虫歯予防のお菓子を選ぶのであれば、キシリトール100%のチョコレートやグミ、タブレットなどを選びましょう。食後や寝る前、歯磨きができない時などに食べることで、虫歯予防が期待できます。ただし、虫歯予防をうたっているお菓子の中には、キシリトール100%でないものも販売されています。キシリトール100%のお菓子とは効果が異なる可能性があるため、成分を確認してから購入するようにしましょう。



虫歯になりにくいお菓子

キシリトール100%のお菓子だけを毎回食べていると、飽きてしまうこともあるでしょう。そういった時は、糖分が少なく、歯にくっつきにくいお菓子を選ぶのがおすすめです。例えば、おせんべいは砂糖があまり使われていません。また、スナック菓子は、使われている砂糖が比較的少なく、砕けやすいので歯に残りにくいです。砂糖を使用していないビスケットやクラッカー、ゼリーやナッツなども虫歯になりにくいお菓子と言われています。



また、フルーツも虫歯のリスクが低いとされています。虫歯菌によって酸が作られたとしても、フルーツの水分で糖分が流されやすく、食物繊維による洗浄効果もあるため、虫歯になりにくいでしょう。ただし、フルーツの中でもバナナは注意が必要です。甘くて粘り気があるため歯につきやすく、他のフルーツと比較すると虫歯になりやすい傾向にあります。



虫歯になりやすいお菓子

虫歯になりやすいお菓子は、糖分が多く含まれているものや歯に残りやすいものです。例えば、クッキーやチョコレート、ケーキなどは糖分が多く含まれており、歯に残りやすいお菓子と言われています。



さらに、長時間、口に入れて食べるお菓子も、虫歯になりやすいお菓子の特徴です。特に、アメやキャラメルは、糖分の塊を長時間口の中に入れるようなもの。歯にくっつきやすく、虫歯になるリスクが高い傾向にあります。このほかにも、カステラや和菓子、かりんとうなどが虫歯になりやすいお菓子と言われています。



虫歯になりにくいお菓子の食べ方

虫歯になりにくいお菓子を選ぶことも大切ですが、お菓子の食べ方も虫歯予防のために意識しておきたいところ。虫歯になりにくいお菓子の食べ方についてお伝えします。



*ダラダラ食べない*
長時間、口の中に食べ物があると、虫歯になりやすいです。そのため、ダラダラとお菓子などを食べるのは避けましょう。例えば、仕事場での水分補給を甘い飲み物で行っている場合、常に糖分が口の中に残ってしまうため、虫歯菌が活動しやすい環境になりやすいです。甘い物を常に飲むのは避け、お茶や水を間に飲むようにすると、口の中の糖分が洗い流されるため、虫歯になりにくいでしょう。



糖分が口の中に残ると、虫歯菌の活動が活発になり、口の中が酸性になります。酸性になると歯の表面が溶け出しますが、通常であれば唾液の分泌によって口の中が中和されます。続いて、歯の再石灰化が起こり、歯の表面が元に戻るため、歯が溶けず虫歯になりにくいです。しかし、頻繁に食べ物やジュースを摂っていると、再石灰化をする時間が取れないため、歯が溶けてしまい虫歯の原因となります。



*お菓子と飲み物の組み合わせ*
お菓子を食べるときに、炭酸飲料やジュースなど糖分がたくさん入った飲み物を摂ることも、口の中に糖分が残ってしまうため避けた方が良いでしょう。虫歯予防を意識するのであれば、甘いお菓子を食べるときは、水やお茶を飲むのがおすすめです。また、間食が多い場合も、口の中に糖分や食べかすが残り、虫歯の原因となる傾向にあります。間食の回数はなるべく少なくするように心がけ、食べた後は水やお茶を摂るのが虫歯予防のためのポイントです。


お菓子の種類と食べ方を工夫して虫歯予防を

虫歯にならないようにするのであれば、糖分が少ないお菓子や食べかすが残りにくいお菓子を選びましょう。また、食後は糖分を含まない水やお茶を飲み、糖分を口の中に残さないことが大切です。お菓子の種類や食べ方を工夫して、虫歯予防を心がけましょう。




→歯茎の腫れ、出血の治療が得意な歯科医院選びはこちらから



筆者:seeker編集部

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

歯周病治療を途中でやめるとどうなるの?

「歯周病治療は長引く」「歯周病はなかなか治らない」というイメ…

「歯周病治療は長引く」「歯周病はなかなか治らない」というイメ…

虫歯じゃないのに歯が痛いのはどうして?

歯が痛いと「虫歯ができた」と思いがちですが、実は虫歯以外にも…

歯が痛いと「虫歯ができた」と思いがちですが、実は虫歯以外にも…

子供の指しゃぶり、やめさせるべき?自然にやめる方法は?

指しゃぶりをする仕草は赤ちゃんらしさがかわいらしく、見ていて…

指しゃぶりをする仕草は赤ちゃんらしさがかわいらしく、見ていて…

歯を抜かなくても矯正できる?どんな時に歯を抜くの?

「歯を抜く」といわれると、歯科の知識がなくとも躊躇するもの。…

「歯を抜く」といわれると、歯科の知識がなくとも躊躇するもの。…

虫歯予防になるお菓子がある?歯に良いお菓子・悪いお菓子

虫歯の原因は、お菓子に含まれる糖分や食べかすだといわれていま…

虫歯の原因は、お菓子に含まれる糖分や食べかすだといわれていま…

歯周病予防に効果的な歯磨きと生活習慣

歯周病とは、口の中に溜まった細菌によって引き起こされる炎症疾…

歯周病とは、口の中に溜まった細菌によって引き起こされる炎症疾…

毎日歯を磨いているのに…虫歯ができるのはなぜ?

毎日歯を磨いていても虫歯ができてしまう原因として、磨き残しや…

毎日歯を磨いていても虫歯ができてしまう原因として、磨き残しや…

顔の印象は口元で決まる?清潔感UPで好印象を与えよう

口元は、顔の印象を左右しやすいパーツです。口元がきれいかどう…

口元は、顔の印象を左右しやすいパーツです。口元がきれいかどう…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんのほっ…

国民皆歯科健診とは?2022年6月時点の情報を調べてみた

実現に向けて動き出している「国民皆歯科健診」が話題に上がる今…

保険適用で白い詰め物・被せ物ができる!?CAD/CAMって何?

近年、歯科医療でも使われるようになったCAD/CAMとは、コ…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングEtak®OralCareスルガ銀行seeker口コミ投稿キャンペーンAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録