1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. コラム>予防・メインテナンス > 
  4. 気になる歯石…自分で取れる?危なくない?

気になる歯石…自分で取れる?危なくない?

コラム>予防・メインテナンス

2022/09/08

痛みや腫れ、出血などを伴うむし歯や歯周病とは異なり、日常生活に支障のない歯石は、取り除いた方が良いことは分かっていても、つい受診を後回しにしがちです。



そんな中、歯石を取るためのセルフケアグッズが売られているのを見ると、自分で取れるのではないか?と疑問に思うでしょう。そうはいっても先の尖った器具を前に、危険ではないかと不安にも思うはず…。歯石のセルフケアは可能なのか、詳しく説明します。



歯石が付く原因

歯の汚れをみがき残してしまうと細菌が増殖し、プラークと呼ばれる細菌の塊になります。取り除かれないままのプラークが残っているお口の中で、唾液とカルシウム成分が結合すると、プラークが石のように固まる現象が起こり、蓄積されると歯石になります。



歯並びなどのお口の状態によっては、歯と歯茎の間だけでなく、歯茎の下の部分(歯周ポケット)に歯石が付く場合もあります。歯と歯茎の間にできる歯石は、歯肉縁上歯石(しにくえんじょうしせき)、歯茎の下の部分にできる歯石は、歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)と呼ばれています。歯と歯茎の間にできる歯石は白色をしているのに対し、歯茎の下の部分にできる歯石は褐色や黒ずんだ色をしています。



歯石は自分で取れるの?

歯石の表面はザラザラしているため、放っておくと細菌がついて増殖しやすいといわれています。そのため、歯石は取り除く必要があります。しかし非常に固いため、歯ブラシやデンタルフロスでは取り除くことができません。特に歯茎の下の部分にできる歯石は、歯の表面にできる歯石と違って取り除くのが難しく、痛みが出ることもあります。



歯石を取るときには、「スケーラー」と呼ばれる先の尖った器具を使用します。歯科医院では、ハンドスケーラーのほかに、超音波の振動を利用して歯石を除去する「超音波スケーラー」や圧縮空気を使って歯石を除去する「エアスケーラー」など、場所に合わせて使い分けています。



またネットショップやドラッグストアでは、ハンドスケーラーや歯石削りのようなセルフケアグッズが販売されています。それを見ると、「歯石は自分で取れるのか?」と疑問に思うでしょう。しかし、歯石を自分で取ることを推奨している歯科医師はほとんどいません。自分で歯石を取ることにはリスクが伴います。



自分で歯石を取るリスク

*余計に歯石が付く*
歯と歯や歯と歯茎の間にガッチリとこびりつく歯石は、石のように固く、力をいれないと取ることができません。また、手動のスケーラーだけでは取り除けない歯石も少なくありません。歯石を残さず取り除けない場合、残った歯石にプラークが付くため、すぐに再発します。中途半端に取り除いた歯石によって歯の表面がデコボコするので、悪くすると取り除く前よりも広範囲に歯石が付く恐れがあるのです。



*自分では見えない歯石は取りにくい*
歯石が付くのは目に見えるところばかりではありません。歯茎の中に埋もれるように付着する縁下歯石は、自分で取ることは困難です。縁下歯石を取り除かないと、むし歯や歯周病が進行してしまいます。



*衛生管理ができない*
通常歯科医院では、歯石を取るために使用する器具を適切な方法で滅菌し保管しています。しかし一般家庭では正しい滅菌や、衛生的に保管することができません。衛生的に管理されていない器具を使って歯石を取ると、お口の中に菌が入り、なんらかの病気を引き起こすことがあります。



*お口の中を傷付ける*
スケーラーは非常に鋭利なので、歯の表面や歯茎を傷付けてしまうかもしれません。鏡を見ながら歯石を除去したとしても、鏡に映るお口の中は左右逆になるため、スケーラーを思った通りに動かすのは簡単ではありません。歯の裏側などの見えにくい場所に付いた歯石を取り除くことも同様です。



また、お口の中は唾液が溜まるので、スケーラーがすべってしまうこともあるでしょう。スケーラーが歯茎を傷付けて出血したり歯茎の位置を下げてしまったり、歯茎にできた傷から病気に感染する恐れもあります。このように、自分で自分のお口にできた歯石を取るのはリスクがありますが、これは子供などの第三者の歯石を取る場合にもいえることです。お口の中はよく見えるかもしれませんが、力加減までは分かりません。専門家でない以上、これらのリスクを伴うため、歯石のセルフケアは絶対にやめましょう。



歯石を安全に取り除くには

歯科医院で歯石を取り除く場合、国家資格を持つ歯科衛生士や歯科医師が行います。彼らは資格があるだけでなく、お口の中の治療を扱う専門家なので、安心して任せることができます。歯科医院に行って歯石を取り除く場合、時間や費用がかかりますが、安全で確実であることは間違いありません。



また、歯科医院で歯石を取り除いた場合、今後歯石が付きにくくなるようなセルフケアを指導してくれることもあります。プロのメインテナンスを受けて、安全な治療や適切なセルフケアを行い、歯石のないお口を保ちましょう。




→予防・メインテナンスが得意な歯科医院選びはこちらから



筆者:seeker編集部

ピックアップ歯科医院

この記事の関連記事

抜歯後の過ごし方とは?気をつけるべきポイントを紹介

抜歯をするのであれば、抜歯後の過ごし方をある程度知っておいた…

抜歯をするのであれば、抜歯後の過ごし方をある程度知っておいた…

歯科のレントゲンって安全?何が分かる?

歯の治療で歯科医院を訪れた時、レントゲンを撮った経験を持つ人…

歯の治療で歯科医院を訪れた時、レントゲンを撮った経験を持つ人…

水分補給の落とし穴!日常の飲み物を見直そう

熱中症や健康のために水分補給は大切だとよく聞きますが、歯科の…

熱中症や健康のために水分補給は大切だとよく聞きますが、歯科の…

口元の老化を防ぐ? 噛むことと健康の関係とは

しっかりと食べ物を噛むことは口周りの筋力アップだけでなく、だ…

しっかりと食べ物を噛むことは口周りの筋力アップだけでなく、だ…

意外とある虫歯の再発?治療した歯を再治療する理由

治療した歯に虫歯が出来てしまうケースがあります。セルフケアが…

治療した歯に虫歯が出来てしまうケースがあります。セルフケアが…

下がった歯茎、元に戻る?歯肉退縮の原因と治療法

下がった歯茎は歯を長く見せ、会話をする時や写真を撮る時に口元…

下がった歯茎は歯を長く見せ、会話をする時や写真を撮る時に口元…

気になる歯石…自分で取れる?危なくない?

痛みや腫れ、出血などを伴うむし歯や歯周病とは異なり、日常生活…

痛みや腫れ、出血などを伴うむし歯や歯周病とは異なり、日常生活…

変色した歯の詰め物は交換できる?原因とセルフケア、予防法を解説

歯の詰め物が変色していることに気が付くことがあります。「虫歯…

歯の詰め物が変色していることに気が付くことがあります。「虫歯…

人気記事ランキング

【歯科医師インタビュー】歯科医院の枠組みにとらわれない次世代クリニックの理事長に聞く歯科医院の選び方

今回は、歯科治療の枠組みにとらわれることなく、患者さんの本質…

【歯科医師インタビュー】何よりも大切なのはセルフケア意識と習慣 健康で美しい歯のための“本当“の方法とは?(前編)

『seeker』でもこれまで何度も取り上げてきた歯のセルフケ…

赤ちゃんにキス、虫歯ってうつる??

お子さんが生まれると、スキンシップの一環として赤ちゃんのほっ…

国民皆歯科健診とは?2022年6月時点の情報を調べてみた

実現に向けて動き出している「国民皆歯科健診」が話題に上がる今…

保険適用で白い詰め物・被せ物ができる!?CAD/CAMって何?

近年、歯科医療でも使われるようになったCAD/CAMとは、コ…

【歯科技工士インタビュー】世界で活躍し、自らも歯科医院を開業する歯科技工士に聞く、歯科治療・歯科医院選びのポイントとは。

いざ歯科クリニックへと思っても違いが分からず迷ってしまう歯科…

「歯の神経」って、抜くとどうなるの? メリット・デメリットを解説

歯医者さんで、「歯の神経を抜かないと…」とか「歯の根の治療を…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part2~

歯科医師としてだけではなく、義歯の研究に長く携わりセミナーや…

【歯科医師インタビュー】QOLに直結するからこそ、今、知っておいて欲しい 進化し続ける“義歯”の話 ~Part1~

“義歯”いわゆる入れ歯ってどんなイメージをお持ちでしょうか。…

【歯科衛生士インタビュー】本当に目立たない?ぶっちゃけ効果はあるの? 日本初のマウスピース矯正研修講師に聞く 今、知っておきたい『矯正治療』最新事情とは 〜Part2〜

最新の矯正治療について日本初のマウスピース矯正研修講師の穴沢…

人気記事ランキング

ミュゼホワイトニングEtak®OralCareスルガ銀行seeker口コミ投稿キャンペーンAppStoreGooglePlay seeker口コミ 3つの宣言 seekerのコンセプト 新規会員登録